デリヘル以外にどういったタイプの業種の風俗で遊べるのでしょうか

ハイヒールを履いた女性の脚

風俗には様々な種類があり、サービス内容や料金帯がそれぞれ異なります。具体的にはファッションヘルスなどが中心の「ヘルス系」、ソープランドを中心とする「ソープ系」、そして「ピンサロ系」です。

ここではそれぞれの特徴を簡単に説明していきます。

最もポピュラーな「ヘルス系風俗」

風俗という言葉を聞くと、真っ先に思いつくのが「ファッションヘルス」や「デリバリーヘルス」などのヘルス系風俗です。実店舗を構え、そこに利用客が足を運ぶスタイルをファッションヘルス、女の子が直接利用客に元に向かうのがデリバリーヘルスです。「サービスを受ける場所」によって呼び名が変わるのです。

サービス内容に関しては、「ボディタッチ」や「フェラチオ」が中心となります。女の子と挨拶を交わしてからコミュニケーションを取り、それからプレイに移行します。

ヘルス系に関しては「本番行為が禁止」されており、同様のディープなプレイは一切許されていません。

ディープなプレイを求めるなら「ソープ系風俗」

「ソープランド」は「特殊浴場」として経営されており、「風呂」や「ベッド」などが備え付けられている個室でプレイするのが特徴です。

「ローション」や「マット」も用意されており、よりディープなプレイを楽しむことができます。料金帯に関しては、ここで紹介するどのタイプよりも割高となっています。

高級店になると、一度の来店で月給以上の料金を支払わされることもあります。初心者には敷居が高く感じるかもしれませんが、フレンドリーに接してくれる女の子が多いので、気軽に足を運んでみましょう。

最も手軽に楽しめる「ピンサロ系風俗」

ピンサロは「ピンクサロン」の略です。ここで紹介するタイプの中で最も「リーズナブルな料金帯」となっており、若い男性でも気軽に足を運ぶことができます。

特徴は、上記2種類のように個室でプレイするのではなく、「大広間のボックス席」で女の子と楽しむことです。料金がリーズナブルということもあり、サービスは「手こき」や「フェラチオ」といったものが主流ですが、オプションを付けることで、それ以上のプレイを求めることができます。

他者と同じ空間でサービスを受けるので最初は緊張するかもしれませんが、元々料金帯が安いので、初心者でも通いやすいかと思います。

お酒を出されることもあるので、「キャバクラ感覚」で楽しむことができるのも魅力です。風俗初心者の方は、まずはピンサロ系から手をだしてみることをオススメします。